健康的にダイエットをするには長期計画しよう

有酸素運動で体脂肪を燃やす

まずはついてしまった脂肪、すなわち体脂肪を落としたいですよね。
この体脂肪は、人間が生きていく為の重要な成分ではあるのですが、ありすぎるのはもちろんよくありません。
実際の体脂肪を測り、BMIを計算することでおおよそ自分の体脂肪が標準なのか多いのかということはわかると思います。

ではわかったら有酸素運動を取り入れて、余分な脂肪を燃焼していきましょう。
有酸素運動とは、比較的負荷の低い運動をすることで体内のエネルギー、要は脂肪を燃やすことができます。
運動としては、手軽なところですとウォーキングなどがあげられます。
軽い運動だからといって、急に長距離のウォーキングをしてしまうと関節などに負担がかかりますので、ご自身の体の具合を確認しながら行うようにしましょう。

無酸素運動で筋肉をつける

では、見た目には太っていないのに体脂肪率が高い方はどうしたらよいのでしょうか。
これは、必要な筋肉がついていないということになります。
この、痩せているのに脂肪が多いという状態、意外と若い方に多かったりします。
極端な食事制限のみでダイエットを行ってしまうと、見た目には細くなりますが必要な要素も不足してしまいがちです。

筋肉を付けるには、無酸素運動という負荷の高い運動をするとよいでしょう。
俗にいう、筋トレ。
筋力トレーニングです。
こういった瞬発力を必要とする力は、主に糖質をエネルギーとして使う為酸素を必要としないのだそうです。
だから、無酸素運動と呼ばれるのですね。

この2種類の運動をバランスよく取り入れることで、必要な筋肉のついた健康的な身体を手に入れることができるといえそうです。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ